2018年4月22日日曜日

平成30年4月18日習志野市医師会学術講演会を開催しました

 今回はCKDについて、
聖隷佐倉市民病院 腎臓内科 鈴木理志先生にご講演いただきました。
どこかで聞いたことのあるようなタイトルですが・・・
同級生の出身地にちなんでとのことです。
 座長は谷津保健病院理事長 宮﨑 正二郎先生です。
鈴木先生と宮﨑先生は大学の同級生。
 鈴木先生は時折ユーモアを交えながら、CKDについて明快にご講演くださいました。
「CKDとは」に始まり、検査結果の評価方法、専門医への紹介のタイミング、治療など、CKDのステージにあわせて解説いただき、混沌としていた私の頭の中もスッキリしました。
 質疑応答のトップは徳山内科外科医院 徳山先生
糖尿病専門医らしく糖尿病性腎症、肥満による腎障害についての質問でした。
 次は、津田沼医院の梶本先生です。
泌尿器科で透析も行っている先生ならではの質問でした。
 かすみクリニックの堀部先生は治療薬ARBの効果について質問
 ひらのメディカルクリニック 平野先生は循環器専門医
循環器疾患の治療には腎機能は重要な要素です
 さて、学術講演会の夜から晴天が続いています。
ちょっと足を伸ばして水郷まで行ってきました。
今年は桜の開花も早かったですが、藤もこの通り、現在満開です。
例年なら4月末からGWが見頃とのこと。
 アヤメも負けていませんね
ところで、蓮の葉と睡蓮の葉の見分け方をご存じでしょうか。
葉の上で水滴がダイヤモンドのように輝いているのが蓮の葉とのことです。
中央の葉の上に2つ水滴が見えます。

2017年12月23日土曜日

死体検案研修会に出席しました

 祝日で良く晴れた1日、東京の駒込にある日本医師会館へ行きました。
 今日は朝10時から夕方5時30分まで、研修会がありました。
 内容が内容ですから、講演が始まったらパシャリは出来ません。
 世界医師か会長に就任した、横倉日本医師会会長は出張でお留守、東京都で開業している、日本医師会副会長の今村先生がご挨拶を代読しました。
 いよいよ講演の開始です。
 さて、午前中が終わったら少し疲れが出て、サンサンとした陽射しの下に出たくなりました。
 お昼ご飯はポークド・コッペと温かいコーヒーです。ベンチで食べていると、足元に雀たちがやって来ましたので、千切ってあげると喜んでついばんでいました。
 目の前には高層のマンションが聳えていました。
 午後からは東京都監察院の院長による講演、13名の常勤医師と、56名の非常勤医師が働いている、巨大な施設です。
そして夕方近くになると、AI(オートプシー・イメイジング)の講演になりました。 海堂氏の世界ですが、彼は私の大学の後輩です。
 さて、重い話題はさておいて、もうすぐXmasです。雪の妖精たちが音楽を奏でています。
 自宅に戻ると嬉しい頂き物が届いていました。メロゴールドと言って、熊本県の文旦を母親とする子どもで、カリフォルニア州で育った柑橘です。
 シクラメンも温かい部屋でとても嬉しそう。
 さて、今日の問題①このお正月のお飾りになっている植物は何でしょうか?
①万両 ②千両 ③百両 ④十両 
習志野市医師会はこれから始まる超高齢化社会の中で、人生最後の旅立ちにも、皆様方のお役にたてるよう、日々研修を行っています。

2017年11月19日日曜日

平成29年11月18日京葉地区地域医療連絡懇談会に参加しました

今回の開催地区は千葉市医師会です
進行は、千葉市医師会 理事 浅井 隆二 先生
千葉市医師会 入江 康文 会長から開会のご挨拶

次期開催地区 市原市医師会 
会長は中村 文隆 先生です
議題開始です
まずは、中村会長自ら発表
「市原保健医療圏域入退院支援事業について」
次は、印旛市医師会です
小児救急・二次輪番 舘野 昭彦 先生から
「小児初期急病診療所における15年間の診療実績について」
八千代市医師会理事 青嶌 和宏 先生
「八千代市医師会による公務員のメンタルヘルスへの関わりについて」
習志野市医師会からはABC検診実行委員会委員長 尾高 健夫 先生
「習志野市胃がんリスク検診~1年目の成果と反省点~」
最後は千葉市医師会成人保険担当 中村 貢 先生
「千葉市胃内視鏡・胃がんリスク検診について」
京葉地区地域医療連絡懇談会は各地区医師会の取り組みがわかり非常に勉強になります。
千葉市医師会の皆様、どうもありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

平成29年11月15日第37回習志野市病診連携症例検討会を開催しました

まずは、基調講演
済生会習志野病院 循環器内科 藤内 裕一 先生にお願いしました
テーマは「心房細動に対する抗凝固療法の出血リスクについて再考する」
座長は谷津保健病院 内科 榊原 誠 先生です
藤内先生はスクリーンに目をやりながら解説
徳山内科外科医院 徳山先生
積極的に3つ質問です
症例検討の始まりです
1題目は平野メディカルクリニック 平野先生
慌てて撮って手ぶれしてしまいました
済生会習志野病院 外科 山本 和夫 先生
甲状腺がんの診断、治療などわかりやすく解説していただきました
2題目です
久しぶりに演台にたちました
しかし、誰が撮ったのだろう?
済生会習志野病院 循環器内科 白石 博一 先生
浮腫を呈するケースの鑑別診断、治療について解説
すかさず、質問
かすみクリニック 堀部先生
 
今回は症例数が少なかったですが、藤内先生、山本先生、白石先生の的確なお話しにより充実した検討会になりました。ありがとうございました。
 

2017年11月17日金曜日

平成29年11月12日 第12回千葉市医師会ICLS研修会に参加しました

BLSデモ
第一発見者はいつもお世話になっている千葉市消防局の小西さん
倒れている患者さんの反応を確認しています

津田沼中央総合病院 新井先生がAEDをもって駆けつけ、小西さんに替わって胸骨圧迫開始

受講生が胸骨圧迫のトレーニング
今回担当した受講生はBLSの経験があり、無難に胸骨圧迫を行っていました

二人の受講生がBLS

習志野第一病院 鎌田先生が気道管理の解説
のぞき込むような姿勢は大武薬局 薬剤師の大武さん
習志野市から唯一の受講生です

高機能患者シミュレータ(メガコード ケリー?)
ICLS研修会には欠かせない存在です

新井先生の操作でメガコード ケリーは様々な心電図波形を示します

メガコード ケリーを使って
心電図診断、除細動・・・

習志野医師会 かすみクリニックの堀部先生はブース長
受講生にフィードバック中

今回のICLS研修会には堀部先生、鎌田先生、新井先生、3ブースのため写真記録のないまきた内科医院 蒔田先生、豊崎の5名がインストラクターとして参加しました。
習志野市医師会でICLS研修会を開催できるようになるにはまずインストラクターの確保が必要です。