2017年11月19日日曜日

平成29年11月18日京葉地区地域医療連絡懇談会に参加しました

今回の開催地区は千葉市医師会です
進行は、千葉市医師会 理事 浅井 隆二 先生
千葉市医師会 入江 康文 会長から開会のご挨拶

次期開催地区 市原市医師会 
会長は中村 文隆 先生です
議題開始です
まずは、中村会長自ら発表
「市原保健医療圏域入退院支援事業について」
次は、印旛市医師会です
小児救急・二次輪番 舘野 昭彦 先生から
「小児初期急病診療所における15年間の診療実績について」
八千代市医師会理事 青嶌 和宏 先生
「八千代市医師会による公務員のメンタルヘルスへの関わりについて」
習志野市医師会からはABC検診実行委員会委員長 尾高 健夫 先生
「習志野市胃がんリスク検診~1年目の成果と反省点~」
最後は千葉市医師会成人保険担当 中村 貢 先生
「千葉市胃内視鏡・胃がんリスク検診について」
京葉地区地域医療連絡懇談会は各地区医師会の取り組みがわかり非常に勉強になります。
千葉市医師会の皆様、どうもありがとうございました。そして、お疲れ様でした。

平成29年11月15日第37回習志野市病診連携症例検討会を開催しました

まずは、基調講演
済生会習志野病院 循環器内科 藤内 裕一 先生にお願いしました
テーマは「心房細動に対する抗凝固療法の出血リスクについて再考する」
座長は谷津保健病院 内科 榊原 誠 先生です
藤内先生はスクリーンに目をやりながら解説
徳山内科外科医院 徳山先生
積極的に3つ質問です
症例検討の始まりです
1題目は平野メディカルクリニック 平野先生
慌てて撮って手ぶれしてしまいました
済生会習志野病院 外科 山本 和夫 先生
甲状腺がんの診断、治療などわかりやすく解説していただきました
2題目です
久しぶりに演台にたちました
しかし、誰が撮ったのだろう?
済生会習志野病院 循環器内科 白石 博一 先生
浮腫を呈するケースの鑑別診断、治療について解説
すかさず、質問
かすみクリニック 堀部先生
 
今回は症例数が少なかったですが、藤内先生、山本先生、白石先生の的確なお話しにより充実した検討会になりました。ありがとうございました。
 

2017年11月17日金曜日

平成29年11月12日 第12回千葉市医師会ICLS研修会に参加しました

BLSデモ
第一発見者はいつもお世話になっている千葉市消防局の小西さん
倒れている患者さんの反応を確認しています

津田沼中央総合病院 新井先生がAEDをもって駆けつけ、小西さんに替わって胸骨圧迫開始

受講生が胸骨圧迫のトレーニング
今回担当した受講生はBLSの経験があり、無難に胸骨圧迫を行っていました

二人の受講生がBLS

習志野第一病院 鎌田先生が気道管理の解説
のぞき込むような姿勢は大武薬局 薬剤師の大武さん
習志野市から唯一の受講生です

高機能患者シミュレータ(メガコード ケリー?)
ICLS研修会には欠かせない存在です

新井先生の操作でメガコード ケリーは様々な心電図波形を示します

メガコード ケリーを使って
心電図診断、除細動・・・

習志野医師会 かすみクリニックの堀部先生はブース長
受講生にフィードバック中

今回のICLS研修会には堀部先生、鎌田先生、新井先生、3ブースのため写真記録のないまきた内科医院 蒔田先生、豊崎の5名がインストラクターとして参加しました。
習志野市医師会でICLS研修会を開催できるようになるにはまずインストラクターの確保が必要です。

2017年11月5日日曜日

日曜日には新鮮な空気を胸いっぱい吸って

 今日は早起きをして、富士山のすぐ近くまで行きました。
 みなさんご存知のマムシ草にも晩秋のよそおいが・・・、
 すすきの向こうには箱根の山並みが遠く浮かんでいます。
 紅葉が青空に映えていました。
 初めて参加のお二人もまだまだ余裕の歩きはじめ。
 そして楽しみなお昼ご飯は真ん中に習志野第一病院副院長で整形外科医の中村先生、そしてその横には泌尿器科・透析医療の津田沼医院、梶本先生です。
 中村先生が大きなケトルにあんこを入れてグツグツ・・・、梶本先生は白玉を温めて。あまりの美味しそうな匂いに釘着けは富田君です。
 隣でははやしライスの香りが漂い、周囲は美味しさに溢れていました。
 我一番にと駆けつけたのは、実籾で整形外科診療の古本先生でした。
 袖ケ浦の薬剤師、大武先生も思わずあまりの美味しさに、『ウーン』。
 香澄で外科・内科診療の堀部先生も『ウーン』
 広々とした草原を抜けて・・・、
 やが手来る冬を迎える木々の中を、中村先生、古本先生の順で歩いて行きます。
 『皆頑張れ、ゴールは近いぞー。』と気合を時々入れていました。
 台風の爪痕が至る所に・・・、
 『落ちたら死ぬー』と言いながら歩いて行きました。
 こんな秋のクッションが広がる中での楽しい秋の1日でした。
 さて、今日の問題①、この青く美しい花は何でしょうか?
㋐おだまき㋑こでまり㋒トリカブト㋓むらさきしきぶ
問題②、この実は何の実でしょうか?
㋐椎の実㋑栃の実㋒クマノミ㋓その他(      )

2017年10月29日日曜日

平成29年10月28日(土)第三回習志野市医師会BLS研修会を開催しました

  
研修会スタート前に千葉市医師会インストラクターの皆さんと記念撮影
左から朱先生、中村先生、一人飛んで瀬田先生
まずはじめにコースディレクター中村先生の講義
インストラクターの蒔田先生、朱先生におよるBLSデモ
受講生にBLSの手本を示します
左から蒔田先生、朱先生、鎌田先生

4つの勇気
まず「目の前の倒れている人に声をかける勇気」
次いで「意識がないとわかったら、大きな声で助けを呼ぶ勇気」
瀬田先生が説明
左は、あそう眼科 麻生先生
呼吸と脈拍を確認
気道を確保(頭部後屈顎先挙上)、チェックパルス
インストラクター新井先生「心肺停止の判断は10秒以内に」
 
こちらも呼吸、脈拍を確認中
 
3つ目の「反応がなかったら、胸骨圧迫をする勇気」
新井先生が圧迫の仕方を説明中
圧迫の部位は胸骨下半分。1分間に100-120回の早さ
深さは5-6cm
リコイルはしっかりと
胸骨圧迫開始
力強く、リズミカルに圧迫
鎌田先生や同一グループの受講生に見守られながら胸骨圧迫
絶え間ない胸骨圧迫が必要です。中断は10秒以内
梶本先生、ポケットマスクで人工呼吸中
休憩時間中にバッグバルブマスクの説明
立って聞いているのは吉岡先生
休憩後に中村先生からAEDについて説明
インストラクター萩原先生(右)、蒔田先生(左)
四つ目の勇気「AEDが手元にあれば、自ら除細動を実施する勇気」
パットを貼る位置は・・・
みんな離れて、まさにショックする直前
最後は実技テスト
採点者はインストラクターの朱先生
習志野消防局の中島さん、島田さんによる回復体位の説明
受講生の皆さんはみな真剣なまなざしです
中島さん、島田さん、いつもありがとうございます
                   人形を使って腹部突き上げ法による異物除去の練習
               指導は消防局の中島さん
 
受講生の皆さん、お疲れ様でした。今日から、バッグの中にポケットマスクかフェイスシールドを忍ばせてお出かけ下さい。
今回の研修会にご協力いただいた千葉市医師会、中村先生、朱先生、瀬田先生、そして習志野消防局の中島さん、島田さん、改めましてお礼申し上げます。ありがとうございました。