2017年8月11日金曜日

平成29年度第1回医療・介護連携推進のための多職種研修会(平成29年7月25日開催)に参加しました



研修会前半の司会は習志野市健康福祉部主幹 西川さん
開会挨拶は習志野市健康福祉部長 遠山さん
八千代病院副院長 認知症疾患医療センター長 三浦 伸義 先生から「御自宅で 最後まで看よう 認知症」という演題でご講演いただきました。響きの良い五七五調タイトル同様に、難しい内容を非常に理解しやすく説明していただきました。
後半の司会は津田沼で泌尿器科開業の梶本先生です。
小休憩の後、梶本先生の司会進行でまず事例発表からスタートです。
事例1のプレゼンテーションは津田沼・鷺沼高齢者相談センター 川村さん
事例2は東習志野高齢者相談センター 三宅さんのプレゼンテーションです。

多職種から95名参加。
皆さん各事例に対して真剣にディスカッションしていますね。
ディスカッションの結果、各グループから発表です。
まずは、6グループから。
発表は居宅介護支援事業所 大川さんです。
次の発表は介護老人保健施設 荒木さんです。
職種の相違による視点の違いがあり勉強になりますね。
この後も各グループから発表がありましたが、写真をとれず、アップできませんでした。
申し訳ありません。



最後は、三浦先生に総括していただきました。
本日、参加された皆さん、暑い中お疲れ様でした。
研修会を通して各職種の連携が益々強まることを期待しています。
今年は暑い日が続きますね
酷暑のためかゴリラもパフォーマンスはせず、お昼寝。
おなかの上のタイヤが笑いを誘っていました
やはり、夏の夜は花火大会ですね。
研修会当日も真夏の夜を鮮やかに彩ってました。


2017年8月5日土曜日

たまの休みは山に登って深呼吸

早朝5時半、まだ目が覚めなくてぼーとしています。
 叱られて項垂れている生徒のようですね。
 習志野第一病院整形外科副院長の中村先生だけは背筋を伸ばして・・・、左の人が今日のトレッキングのガイドさんです。
 長野県の菅平高原に前日来て、お泊り。今日は百名山の四阿山、そして花の百名山の根子岳に登ります。
 朝露の降りた牧場の脇道を少しずつ登りはじめます。
 ようやく登山口・・・、ここでガイドさんが再びお説教ではなくて、注意事項の確認です。
 1300mを越えると白樺の林、そしてもう少し高度があがるとダケカンバの林に入ります。とてもよく似たこの2つの樹木・・・、
 ガイドさんが幹の色、枝の色から見分けるんだよと教えてくれました。
 澄んだせせらぎを渡って・・・、
 クマザサでおおわれた小道を歩き続けます。
 美しい高山植物が笑顔で迎えてくれました。
 いつしか雲の上を歩いています。
 可憐な白い花はエーデルワイスの仲間の、ミネノウスユキソウです。
 紫色も鮮やかなウツボグサ・・・、
 紫色の釣鐘の様なソバナの群生・・・、
 足元はいつしかハエマツにかわっていました。
 石ころがゴロゴロしたがれ場を滑らないように登っていきます。
 岩の表面をよく見ると、きれいな平行線が重なっています。これは板状節理といいます。さて、今日の質問①。板状節理は㋐海の底に堆積した地層が重なってできた。㋑溶岩が急速に冷えて何層にも重なった。どちらでしょうか?
 霧で隠れた谷に向かって合唱?いえいえこれはガイドさんの指示でコダマを聞く楽しみ、『やーほ』というと『ほー』と帰ってきました。
 四阿山頂上へは私はリュック番をして登れませんでした。そしてここは根子岳頂上です。
 皆さんで記念登頂写真のパシャリ。
 今日の質問②、葉っぱをきれいに巻いた人工物?が足元に落ちていました。
 これを見つけた袖ケ浦で薬局を営んでいる大武先生は手のひらに乗せて大喜び。
 足元に3ケの緑の筒が落ちていましたのは、驚きでした。これはある虫が葉に卵を植え付けて、幼虫になった時に食べてねという親心です。その虫の名は㋐つつもたせ㋑おとしまえ㋒オトシブミ。
さて、今日の最後の質問です。牧場の中を散歩しているのは何でしょうか?㋐ひつじ㋑ニホンカモシカ㋒ラマ㋓きょん㋔野犬
とても疲れましたが、それ以上に新鮮な山の空気を吸ってきた、実りのある1日でした。

2017年6月5日月曜日

久しぶりの休日に

今日は久しぶりの休日、しかも五月晴れ・・・。と言ったら居ても立ってもいられません。仲間を集めてバスに乗って西上州(群馬県)の奥の山のすそ野でバスを降り、笑顔でパシャリ。

 
細い尾根すじをただひたすら歩いていきます。津田沼で泌尿器科・透析医療の梶本先生は足元軽く先頭を・・・その次は習志野第一病院副院長の中村先生、野球部と山で鍛えた足取りはやはりしっかりしています。その後ろは津田沼中央総合病院整形外科の新井先生、カメラマンなのでつい遅れがちです。    



珍しいものを発見しました、道端のササの葉の先に穂がなる様に黒いがくの中に白く黄色い花が咲いていました。笹の花は約120年に1回咲くと言われ、天変地異が起こるを予期して、花となって遠くに子孫を運び出そうとするのです。近く大地震や大噴火が起こる?
 

 



緑の枝の間から荒船山の頂が見えてきました。
ぎょえー、まだあそこまで登るのか、トホホ・・・

関所跡のような大きな岩盤の前でようやく一休み。



この山の特徴は頂上が天空の緑の広場になっています。
青シャツの万歳姿は大久保で整形外科診療の古本先生です。今回初参加で運動不足から最初にばてるのではと危惧していましたが、一番元気で登っていました。右端は薬剤師会から参加してくれた、袖ヶ浦の大武先生。
 
 
でもこの記念写真の向こう側は約200mもの絶壁、富田君もギリギリまで寄って
パシャリでしたが、怖さでおよび腰になっています。
クレヨンしんちゃんの作者は2009年9月にここから転落してあの世へと旅立っています。
 
頂上の広場にはこんな美しい葉っぱ・・・。


山武士たちが横行した修験の山ですから、こんな祠(ほこら)があちこちにあります。
天空の頂上にも小川が流れていました、不思議ですね。
そして女性群も日ごろ鍛えた足取りを見せていました。


さて、今日の問題です。
ふと足元に目をやると、何やら丸い緑の筒が落ちていました。
緑の葉っぱからできています。


       参加したS製薬の田中さんは手のひらに乗せてニコニコ・・・。
       さすがは大学探検部でカエルや爬虫類の解剖の名人です。この緑の筒は
       なんでしょうか、そして何のためのこの筒は存在するのでしょうか?